スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡雑記 マイクロバブル ナノバブル ファインバブル の起源


【泡雑記】
泡から生まれた美の女神「ヴィーナス」
私達が目にする「ヴィーナス」は海面の貝の上に乗り裸体です。 このヴィーナスは「浪」の泡から誕生したとされています。そして、父親はギリシャ神話で神々の最初の王「神ウラノス」。今日、ナノバブルの研究が活発化し、その特性が分かるようになり、このギリシャ神話の女神の誕生「浪」にナノバブルが関与しているようではと考えられてきました。

ヴィーナスの誕生秘話
神々の初代王で天空の神「ラウノス」の放った聖なる液体(精液)は、神々の国から地球の海面に向かって(海面を狙った訳ではなかったのですが、地球の2/3は海ですので、たまたま)加速落下、この聖なる液体は海面に激突、海面周辺の気体を海水中に取り込み、飛散ミスト化、海面に泡となりとどまり浮遊、一部は分離気泡(聖なる液含む)となり、海水中に溶解、やがて海水は太陽光、波浪、対流により過流下に置かれ、聖なる分離気泡は攪拌、せん断、回転、遠心、向心の洗礼を受け、超臨界状態になり、聖分離気泡内は超高圧、超高温になり気泡は膨張、浮力をつけ海面に向かって上昇、海面で気泡は破裂中からヴィーナスが現れ、その周辺には海面上で待機していた表面泡の産衣が体を包み貝のベットに寝た、ヴィーナスは生まれると即成人したといわれています。これは一つには、父親「ウラノス」は神である由、地球の人類と異なり、精力の持つエネルギーが桁はずれに強かった。一つには、神々の世界も勢力争いが強く、即大人になる必要があった。 また、最近の学説では、誕生の産湯がナノバブル温水の生理活性化効果で、このナノバブル温水は地球が用意した、地球深層海底が作り出すナノバブル温水が使われたとする説も最近浮上しています。しかし、成人したといえ、かなり小柄で身長は11.1cmで、(写真1参照)分離気泡の海面でのバーストにより誕生、ナノバブルの産湯につかって誕生したヴィーナスは理想的女性とされ、多産、豊穣の古典的美意識の中で地母神(Earth Mother Goddess)として崇拝された。 地球の深海部の熱水環境が地球の生命体誕生の原点とはいわれていますが、そこにはナノバブル生成の熱水口チムニーが存在します。


http://www.asupu.com/クロノス
スポンサーサイト

| アスプのHPに乗らないファインバブル マイクロバブル ナノバブルの情報です。 Information of finebuble that is not put on HP of ASUPU.ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://finebubble.blog.fc2.com/tb.php/13-fc788377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。