スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナノバブル効果を持つ天然温泉 


ナノバブル効果を持つ天然温泉】
◆温泉とナノバブル
温泉は地表に降水した雨水が地層に浸透して地下深層のマグマ熱に熱せられ温水となり、
再び地表に湧出するものが「温泉」と一般に言われています。
◆温泉」に於けるナノバブルの貢献
近年の研究で温泉の効果、効能にナノバブルが貢献していることが確認されました。
ナノバブルの特性
有機物の溶解、保持力、分解力。 生命に対しては生理活性促進、知覚神経、脳細胞の活性化、
成長ホルモンの分泌促進、これらの効果が天然温泉には加わっています。
◆温泉の三要素
①湧出量 ②温泉の温度 ③溶解成分
◆温泉生成メカニズム
地下に降った天水(雨や雪解け水)川に流れ込むほか大半は地表の土壌や地層に浸透し地下水となります。
この地下水は地表の亀裂を通って地下深部に浸透して行きますが、亀裂は地下深部に行くに従い、段々細くなり、さらに深部に行くと断層に行き当たります。地下水は亀裂からこの断層に浸透通路を切り替え、さらに深層部に浸透して行き、マグマ熱水溜まりに到達します。
◆マグマ溜まり
地球の地殻深層部やマントルの岩盤が部分的に融けて地殻の浅い所まで上昇してきたマグマが大量に集って「マグマ溜まり」
が作られています。この「マグマ溜まり」の温度は平均1000℃あります。この熱で「マグマ溜まり」を取り巻く岩盤は熱せられて行きますが、この熱伝導は基本的には岩盤を通って地表に向かって上昇する熱ですが、この熱伝導は岩盤に含まれる水分、またマグマに含まれる約95%の水分の熱水移動ということが言えます。 このマグマ熱に熱せられた水分はマグマ熱水と言われています。
このマグマ熱水は水分をよく吸収し、保水力のある岩盤に留まることで、マグマ熱水溜まりを形成します。
地表から浸透してきた地表水はこの「マグマ溜まり」で合流し、マグマ熱水による熱交換が行われ、地表水は超高温水となり、このことで地表からの浸透雨水は浮力が付き、地表に向かって再び断層、亀裂を上昇し、地表に湧出し「温泉」となります。
◆温泉の溶解成分
*マグマに含まれる成分。
*マグマ熱伝導による岩盤からの溶質成分。
*マグマ熱水により加熱された雨水が地表に上昇する過程で接触する岩石含有の成分。
が温泉の溶解成分と考えられます。
◆マグマ溜まりでのナノサイズバブルの生成存在
地表からの浸透地下水は深層部(マグマ溜まり)にてマグマ熱水と合流する。この合流は地下深層の超高温、超高圧下で
超臨界状態で反応、ナノサイズバブルを生成する。この時の気体はもともと含有する雨水中の気泡核と浸透過程での岩石中の気泡核が用いられる。一方のマグマ熱水中にもマグマ含有気泡核、岩盤中の気泡核が存在し、使用され、地球の地下の深層部の「マグマ溜まり」ナノサイズバブルは生成生存、地下深層部にて生成されたナノサイズバブル熱水は保水力の地層部でマグマ熱水貯留層を形成する。 マグマ熱水貯留層のナノサイズバブル熱水は高圧、高温下で浮力が発生し、常圧下の地表に向かって上昇流体となる。地表に向かって上昇するナノサイズバブル熱水は上昇過程で徐々に温度を下げてゆきます。おおよそ100m上昇で3℃低下します。(ナノサイズバブル熱水の生成時は約370℃、100気圧)、上昇過程でナノバブル熱水は接触岩石中の化学成分を熱水中に取り込む。 取り込む成分は温度変化、内圧の変化で選択される。 化学成分を含有ナノサイズバブル熱水は地表近くまで上昇し、温度もほどよい温度まで低下した温水となり、地表に湧出し温泉となる。
◆湧出された温泉と効果の消滅
地表に湧出したナノサイズバブル温泉は常圧下でナノサイズバブルの一部は気泡径が拡大し、大きいマイクロサイズバブルとなり、
温泉水表面に上昇し、大気中に飛散する。また一部は温泉中で縮小し、温泉中下にて消滅し、温泉中に溶解、消滅する。
この消滅で温泉効果も消滅する。 温泉はかけ流し、新鮮が身体には効果的。
ナノサイズバブルの消滅で温泉含有化学成分の一部は酸化され温泉沈殿物として析出される。
◆ナノバブル温泉の入力効果
含有成分効果、温熱効果、洗浄効果、知覚神経刺激、脳細胞活性効果、成長ホルモン分泌。
人が温泉につかると、無我の境地に安らぎを与えてもらえます。 この安らぎは自分が誕生するまでの母親の母体の中の羊水につかっていたときと同じ心境、そして人類、生命体の誕生の原点。 
深海のチムニーが創出しているナノバブル海洋への郷愁へのいざないです。



温泉誕生フロー
http://www.asupu.com/
スポンサーサイト

| アスプのHPに乗らないファインバブル マイクロバブル ナノバブルの情報です。 Information of finebuble that is not put on HP of ASUPU.ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://finebubble.blog.fc2.com/tb.php/17-cfe32e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。