スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドチェック液のオゾンナノバブリングによる分解浄化試験実施報告Decomposition test of red ink≫


レッドチェック液のオゾンナノバブリングによる分解浄化試験実施報告 
Decomposition test of red ink≫

実施日:平成22年4月12日午後3時~7時
実施場所:㈱アスプ実験室 実施者:㈱アスプ 高橋  
使用機器:アスプ製超微細気泡発生装置ASK3(毎分7~10リットル循環),アクエア製OS1000(無声放電式、連続4000ppm以上発生)
試験方法:水槽へ7リットルの水道水を用意し、適量(30cc)添加し、軽く撹拌したレッドチェック溶液を製作し、下記写真の通り、オゾンNBを循環して、60分後および90分後にサンプリングを行った。

赤インク試験試験系

使用機器:アスプ製超微細気泡発生装置ASK3型 

赤インク60分ご
 60分後の状態
赤インク90分ご

90分後の状態  5 minutes after stopping 90 minutes opetation.
It became clear pink liquid.


原体 60分ご 90分ご

左から「原体」「60分」「90分」 (Start)(After60min.)(After 90min.) from left



所感:開始から60分の時点で目視での変化をはっきりと確認できるようになり、その後急激に色が薄くなりました。ある程度の臨界点を超えると一気に分解が進むような印象あります。実際の現場では、水中に油分やスラッジなど混入していれば、オゾン反応を阻害する要因になりますが、その分も勘案しましても、十分な効果を発揮できると確信いたしました。



ASK3
http://www.asupu.com/menu.html#kogata DETAILS 装置詳細はこちら
スポンサーサイト

| アスプのHPに乗らないファインバブル マイクロバブル ナノバブルの情報です。 Information of finebuble that is not put on HP of ASUPU.ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://finebubble.blog.fc2.com/tb.php/22-f04c0346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。